離婚調停・離婚慰謝料の相談は弁護士 小西法律事務所

離婚調停・離婚慰謝料 弁護士 小西法律事務所

コンテンツメニュー

裁判上の離婚原因

その他婚姻を継続し難い重大な事由

婚姻中の一切の事情を考慮しても、婚姻関係が破たんして、回復の見込みがないことをいいます。

婚姻関係の破たんとは、夫婦双方に婚姻を継続する意思がないこと、客観的に婚姻共同生活を修復する見込みがないことをいいます。

別居が相当期間に及んでいるかは、婚姻関係破たんの判断で重要視されます。

また、以下の場合も、婚姻関係が破たんしており、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」があると認められることがあります。

身体的・精神的な暴行・虐待がある場合

夫婦間における暴力・虐待行為は絶対に許されるものではありませんが、具体的な暴力・虐待行為が「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当するか否かは、様々な事情を考慮して判断されるので、必ずしも離婚原因になると一概にはいえません。

「婚姻を継続し難い重大な事由」に当たるとされた事例
・身体的暴力
@ 妻が缶コーヒーで夫の額部を殴打したのに対し、夫が妻の顔面を手拳で殴打し、妻の歯二本が折れたなど、夫が妻に対して、相当の程度・回数の暴行・虐待に及んだ事例があります。
A 夫が長女に対して、水を飲むと、夜中にトイレに起きてうるさいからといって、水分の摂取を禁ずるなど、口うるさく指示し、思うようにならないと、妻や長女に対して、殴ったり蹴ったりする等の暴力を振るった事例があります。
B 夫が妻に対して、髪をつかんで振り回す、電話器を投げつける、包丁を持ち出し「殺してやる」などと脅かした事例があります。
C 婚姻関係の破綻の原因が、夫が身体障害という自らの苦しみを妻に対する暴力や妻の目の前での物に対する破壊等でしか解消する道を見い出すことができず、その行為の妻に与える影響等に対する推察ができなかったことにあるとされた事例があります。
D 妻が夫から、顔面を殴られたり、殴られて茶箪笥にぶつかり鼓膜を破ったり、(夫が)食器の入った食器篭を戸に投げ付けたりした事例があります。
・精神的暴力
@ 情緒的虐待
妻を冷遇ないし無視し、家業の経営やその経済状態について妻に何ら相談しないばかりか、日常の夫婦としての意思疎通、会話を求める妻の要請を受け付けず、その結果明確な理由も分からないまま先代からの家業を倒産に至らせた事例があります。
A 脅し
夫が妻に対して、「岡山弁は汚いので標準語で話せ」「食事は俺が帰るまで待ってろ」などと命令し、「前の女には殴ったり蹴ったりしたけど、お前には手を出さないでおこうと思う」などと言って、妻を強制的支配下においていた事例があります。
B 経済的虐待
夫が妻の両親などに対して不信感を抱いたことが遠因となり、ついには、夫が妻の不適切な言辞をなじって生活費を渡さなくなった事例があります。
・性的暴力
@ 夫が妻に過度の性交渉要求をし、これに応じないと夫は怒って、その都度妻に暴力を加えた事例があります。
A 夜間に仕事に従事する夫が日中でも妻にしばしば性交渉を要求し、これを断る妻を無理矢理押さえつけ、殴る蹴るなどの暴行を振い、性交渉を行うことがある事例があります。

仕事に就こうとしない場合、浪費や借金等を重ねている場合

無料法律相談お申込み

CONTACT

小西法律事務所

KONISHI LAW OFFICE

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-13-18【MAP】 島根ビル4F (1F:ミスタードーナツ)
地下鉄 堺筋線・谷町線南森町駅2番出口を出て阪神高速高架をくぐり徒歩5分
京阪本線北浜駅26番出口京阪中之島線なにわ橋駅3番出口を出て、難波橋を渡り徒歩6分
JR東西線大阪天満宮駅3号出口を出て、阪神高速高架をくぐり徒歩 6分
  • 弁護士を大阪でお探しなら小西法律事務所
  • 交通事故 弁護士
  • 公正証書遺言
  • 相続 弁護士
  • 成年後見 大阪
  • 寄与分