離婚調停・離婚慰謝料の相談は弁護士 小西法律事務所

離婚調停・離婚慰謝料 弁護士 小西法律事務所

コンテンツメニュー

子どもに関する問題

子どもの引渡し

まだ離婚はしていないけど、婚姻が破たんし別居している状態において、子を監護している親の元から、他方の親が子どもを連れ去った場合、子どもの引渡し求めることができます。

子どもの引渡しを求める方法は、家庭裁判所に子どもの監護者の指定及び子どもの引渡しを求める調停・審判の申立てによります。緊急性がある場合は、審判前の保全処分の申立てもすることになります。また、人身保護請求による方法もあります。

審判においては、子の意思、年齢、監護体制、これまでの監護の環境などを総合的に見て、父母のどちらが監護をすることが「子の利益」となるかという基準で判断されます。

離婚の訴訟において、子どもの引渡しを請求することもできます(「附帯処分」)。

離婚後、親権者(監護権者)の元から、他方の親が子どもを連れ去った場合も、上記の方法によって子どもの引渡しを請求することができます。

無料法律相談お申込み

CONTACT

小西法律事務所

KONISHI LAW OFFICE

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-13-18【MAP】 島根ビル4F (1F:ミスタードーナツ)
地下鉄 堺筋線・谷町線南森町駅2番出口を出て阪神高速高架をくぐり徒歩5分
京阪本線北浜駅26番出口京阪中之島線なにわ橋駅3番出口を出て、難波橋を渡り徒歩6分
JR東西線大阪天満宮駅3号出口を出て、阪神高速高架をくぐり徒歩 6分
  • 弁護士を大阪でお探しなら小西法律事務所
  • 交通事故 弁護士
  • 公正証書遺言
  • 相続 弁護士
  • 成年後見 大阪
  • 寄与分