離婚調停・離婚慰謝料の相談は弁護士 小西法律事務所

離婚調停・離婚慰謝料 弁護士 小西法律事務所

コンテンツメニュー

離婚に関する給付

慰謝料

配偶者に対する慰謝料請求

離婚により精神的苦痛をこうむったとして、離婚の原因を作った夫又は妻に対して慰謝料を請求することができます。

慰謝料が認められる例は、@、配偶者の不貞行為、A暴力、犯罪、悪意の遺棄、B性交渉拒否、性的不能、C婚姻生活の維持に協力しない、です。離婚原因として最も多いと思われる「性格の不一致」の場合に、慰謝料が発生すると考えることは困難です。

慰謝料の額は、以下の事情等を総合的に検討して決められます。

@ 背信性(信義誠実性、調停等における対応、詐欺・横領、無断離婚届出)

A 有責行為の程度・割合・態様(暴力、不貞・不貞行為の相手方の関与の程度、異常な性格等の破綻原因)

B 婚姻ないし婚姻破綻に至る経過(初婚か再婚か、婚姻期間、同居期問、別居期間、非嫡出子の出生・認知、再婚可能性)

C 婚姻生活の実情(献身度、婚姻中の贈与、生活費不払い、婚姻中の協力度、妊娠中絶等の有無、当事者の生活形態)

D 精神的苦痛の程度(自殺未遂、流産の有無、ノイローゼ)

E 当事者の年齢、社会的地位(学歴・職業)、支払能力(資産、収入、負債の有無)、親族関係

F 離婚後の生活状況(財産分与の額、養育費の額、離婚後の扶養の要否、自活能力、親族の支払協力の有無、療養監護の必要性)

G 子の有無(特に未成熟子の有無)、子の数、親権・監護権の帰属、非嫡出子の出生及び認知の有無

慰謝料が認められない例は、@有責行為が慰謝料を支払わせるほどではない場合、A加害行為が証拠上認められない場合、B婚姻破綻の責任が同等又は主として慰謝料を請求する配偶者にある場合、C慰謝料を請求された配偶者の行為に違法性がない場合、D加害行為と婚姻破綻との聞に因果関係が認められない場合(不貞行為の以前に婚姻関係が破綻していたような場合など)、E慰謝料により填補するべき損害がない場合(損害ないし責任はあるが、慰謝料を認めるほどのものではない場合、不貞の相手方から十分な慰謝料を受領していることにより、損害が填補されている場合など)です。

無料法律相談お申込み

CONTACT

小西法律事務所

KONISHI LAW OFFICE

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-13-18【MAP】 島根ビル4F (1F:ミスタードーナツ)
地下鉄 堺筋線・谷町線南森町駅2番出口を出て阪神高速高架をくぐり徒歩5分
京阪本線北浜駅26番出口京阪中之島線なにわ橋駅3番出口を出て、難波橋を渡り徒歩6分
JR東西線大阪天満宮駅3号出口を出て、阪神高速高架をくぐり徒歩 6分
  • 弁護士を大阪でお探しなら小西法律事務所
  • 交通事故 弁護士
  • 公正証書遺言
  • 相続 弁護士
  • 成年後見 大阪
  • 寄与分