離婚調停・離婚慰謝料の相談は弁護士 小西法律事務所

離婚調停・離婚慰謝料 弁護士 小西法律事務所

コンテンツメニュー

年金分割

分割の対象となる年金

離婚時年金分割制度で分割の対象となる年金は、厚生年金保険および共済年金であり、基礎年金である国民年金は分割の対象とはなりません。

また、厚生年金基金や国民年金基金等も分割の対象とはなりません。これらについては財産分与の対象として処理することになります。

年金分割は、例えば専業主婦だった妻が離婚した場合、夫が受給する年金のうち最大で2分の1を受け取ることができる、すなわち夫が年間160万円の年金を受給している場合、妻は最大で80万円を現金で受け取ることができる制度であると誤解されていることがあるようです。

しかし、年金分割とは保険料納付実績を分割する制度です。対象期間(婚姻期間等)に納付された保険料の一定割合を、分割を受ける者が納付したものとして記録を付け替え、付け替えが行われた後の納付記録を基にして分割を受けた者の給付金額が算定されるというものですから、上記のような分割方法ではないことに注意が必要です。

年金分割の種類

年金分割は2種類があります。

合意分割

「合意分割」は、平成19年4月1日以降に離婚が成立した場合、夫婦の合意により(合意が成立しない場合には夫婦どちらかの申立てにより家庭裁判所が)年金分割の割合を決定するものです。

3号分割

「3号分割」は、平成20年4月1日以降に離婚が成立した場合、第3号被保険者の請求により一律に年金の2分の1が分割されるものです。

離婚時年金分割制度に基づき標準報酬改定請求がなされた場合に、対象期間のうち第1号改定者(分割する側の人)の被保険者期間であっても、第2号改定者(分割を受ける側の人)の被保険者期間でない期間がある場合、その期間については、第2号改定者についても「被保険者期間であった」ものとみなされます。この期間を厚生年金保険法上、「離婚時みなし被保険者期間」といいます。

無料法律相談お申込み

CONTACT

小西法律事務所

KONISHI LAW OFFICE

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-13-18【MAP】 島根ビル4F (1F:ミスタードーナツ)
地下鉄 堺筋線・谷町線南森町駅2番出口を出て阪神高速高架をくぐり徒歩5分
京阪本線北浜駅26番出口京阪中之島線なにわ橋駅3番出口を出て、難波橋を渡り徒歩6分
JR東西線大阪天満宮駅3号出口を出て、阪神高速高架をくぐり徒歩 6分
  • 弁護士を大阪でお探しなら小西法律事務所
  • 交通事故 弁護士
  • 公正証書遺言
  • 相続 弁護士
  • 成年後見 大阪
  • 寄与分