離婚調停・離婚慰謝料の相談は弁護士 小西法律事務所

離婚調停・離婚慰謝料 弁護士 小西法律事務所

コンテンツメニュー

年金分割

年金の受給資格期間

年金を受給するためには、保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間の合計(受給資格期間)が25年以上であることが原則です。

この受給資格期間には、離婚時みなし保険者期間は算入されないため、第2号改定者自身の受給資格期間が25年以上ない場合は受給資格が発生せず、離婚時に年金分割を行ったとしても年金はもらえません。

合意分割の手続き

合意分割を行うためには

合意分割を行うためには、夫と妻の合意により按分割合の取決めを行い、公正証書等の按分割合を定めた書類を作成しなければなりません。

分割の請求を行う場合に書類を添付することが要求されているためです。具体的には、当事者が標準報酬の改定または決定の請求をすることおよび当該請求すべき按分割合について合意している旨が記載された公正証書の謄本もしくは抄録謄本または公証人の認証を受けた私署証書を添付します。

当事者間の話合いで合意ができなかった場合

当事者間の話合いによって合意ができなかった場合などは、家庭裁判所は、当事者の一方の申立てにより、対象期間における保険料納付に対する当事者の寄与の程度その他一切の事情を考慮して、その割合を定めることができます。

家庭裁判所における手続としては、調停、審判、離婚訴訟があります。

@ 調停
離婚が成立していない場合、夫婦関係調整(離婚)調停の付随申立てとして、調停の中で按分割合を定めます。離婚が成立している場合は、按分割合を定める調停の申立てを行います。
A 審判
離婚が成立したが年金分割についての合意ができていない場合に申し立てます。また、調停を前置している場合は、調停不成立により審判手続に移行します。
B 離婚請求訴訟
離婚請求事件の附帯処分となり、独立の申立てとはなりません。

標準報酬改定請求

請求すべき按分割合を定める合意または裁判に基づき、夫婦であった者の一方は、厚生労働大臣に対して標準報酬改定請求を行います。

実際には、所定の請求書に必要事項を記載し、請求する側の現住所を管轄する年金事務所を経由して日本年金機構に提出します。

標準報酬改定請求の期限

標準報酬改定請求は、離婚等をした日の翌日から起算して2年以内に行わなければならないのが原則です。

ただし、例外があり、これらの場合には、審判確定日等の翌日から起算して1か月を経過した日に至ったときが請求の期限となります。

@ 離婚成立日等の翌日から起算して2年を経過した日前に分割割合に関する審判の申立てをした場合であって、本来の請求期限が経過した日以後に、または本来の請求期限を経過した日前1か月以内に、分割割合を定めた審判が確定したとき。

A 離婚成立日等の翌日から起算して2年を経過した日前に分割割合に関する調停の申立てをした場合であって、本来の請求期限が経過した日以後に、または本来の請求期限を経過した日前1か月以内に、分割割合を定めた調停が成立したとき。

B 分割割合に関する附帯処分を求める申立てをした場合であって、本来の請求期限が経過した日以後に、または本来の請求期限を経過した日前1か月以内に、分割割合を定めた判決が確定したとき。

C 分割割合に関する附帯処分を求める申立てをした場合であって、本来の請求期限が経過した日以後に、または本来の請求期限を経過した日前1か月以内に、分割割合を定めた和解が成立したとき。

無料法律相談お申込み

CONTACT

小西法律事務所

KONISHI LAW OFFICE

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-13-18【MAP】 島根ビル4F (1F:ミスタードーナツ)
地下鉄 堺筋線・谷町線南森町駅2番出口を出て阪神高速高架をくぐり徒歩5分
京阪本線北浜駅26番出口京阪中之島線なにわ橋駅3番出口を出て、難波橋を渡り徒歩6分
JR東西線大阪天満宮駅3号出口を出て、阪神高速高架をくぐり徒歩 6分
  • 弁護士を大阪でお探しなら小西法律事務所
  • 交通事故 弁護士
  • 公正証書遺言
  • 相続 弁護士
  • 成年後見 大阪
  • 寄与分