離婚調停・離婚慰謝料の相談は弁護士 小西法律事務所

離婚調停・離婚慰謝料 弁護士 小西法律事務所

コンテンツメニュー

年金分割

3号分割の手続き

3号分割を行う場合、当事者間の按分割合に関する合意は不要です。そのため、直ちに標準報酬額改定の請求を行うことになります。

実際には、必要事項を記載した所定の請求書を日本年金機構(年金事務所)に提出します。

請求期限

離婚等の翌日から起算して2年以内に請求を行わなければならないのが原則です。ただし、厚生年金保険法施行規則に例外が定められています。

分割の対象となる期間

3号分割の対象となる期間を特定期間といいます。特定期間は、特定被保険者が被保険者であった期間であり、かつ、その被扶養配偶者が第3号被保険者であった期間です。ただし、特定期間は、平成20年4月1日以後の期間に限られ、同年3月31日以前に特定被保険者の被扶養配偶者であって第3号被保険者であった期間があっても、これは期間に算入されません。また、被扶養配偶者期間であっても第3号被保険者でない期間は特定期間に算入されません。さらに、特定期間に係る被保険者期間については、被扶養配偶者にとっても被保険者期間であったものとみなされます。

無料法律相談お申込み

CONTACT

小西法律事務所

KONISHI LAW OFFICE

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-13-18【MAP】 島根ビル4F (1F:ミスタードーナツ)
地下鉄 堺筋線・谷町線南森町駅2番出口を出て阪神高速高架をくぐり徒歩5分
京阪本線北浜駅26番出口京阪中之島線なにわ橋駅3番出口を出て、難波橋を渡り徒歩6分
JR東西線大阪天満宮駅3号出口を出て、阪神高速高架をくぐり徒歩 6分
  • 弁護士を大阪でお探しなら小西法律事務所
  • 交通事故 弁護士
  • 公正証書遺言
  • 相続 弁護士
  • 成年後見 大阪
  • 寄与分