離婚調停・離婚慰謝料の相談は弁護士 小西法律事務所

離婚調停・離婚慰謝料 弁護士 小西法律事務所

コンテンツメニュー

児童扶養手当

児童扶養手当は、下記の児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者)を監護する児童の母又は養育者に支給されます。

@父母が婚姻を解消した児童

A父が死亡した児童

B父が一定程度以上の障害の状態にある児童

C父の生死が明らかでない児童

D父が引き続き1年以上遺棄している児童

E父が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童

F母が婚姻によらないで懐胎した児童

GFに該当するかどうかが明らかでない児童

ただし、上記のいずれかに該当する児童であっても、父と生計を同じくしているとき、母の配偶者(いわゆる義父)に養育されているとき等は、児童扶養手当は支給されません(法4条2項)。

離婚前、夫と別居中の場合は児童扶養手当の支給を受けることができるのでしょうか。

この点、夫が引き続き1年以上子どもを遺棄している場合には、夫と法律上離婚していなくても、児童扶養手当が支給されます。

無料法律相談お申込み

CONTACT

小西法律事務所

KONISHI LAW OFFICE

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-13-18【MAP】 島根ビル4F (1F:ミスタードーナツ)
地下鉄 堺筋線・谷町線南森町駅2番出口を出て阪神高速高架をくぐり徒歩5分
京阪本線北浜駅26番出口京阪中之島線なにわ橋駅3番出口を出て、難波橋を渡り徒歩6分
JR東西線大阪天満宮駅3号出口を出て、阪神高速高架をくぐり徒歩 6分
  • 弁護士を大阪でお探しなら小西法律事務所
  • 交通事故 弁護士
  • 公正証書遺言
  • 相続 弁護士
  • 成年後見 大阪
  • 寄与分